ビタミンAと網膜の機能について

ビタミンAは、視力を正常に保ち、消火・呼吸器官などの上皮細胞、皮膚や髪・歯茎の健康を保ちます。

さらに、皮膚や粘膜の状態を正常に保ち、免疫や生殖の機能を維持し、目の網膜に含まれるロドフシンの構成成分として、網膜の機能を維持している為、欠乏すると、暗いところで視力が低下する、いわゆる夜盲症になります。

ビタミンAは、免疫力を正常し病気を回復させる他、抗酸化作用もあり、細胞膜の損傷を防ぎ、肝臓ガンなどの抑制や予防、心臓の病気の抑制にも作用するといわれ、ビタミンB・E・D、カルシウム、リン、亜鉛などと共働するといわれます。

ビタミンAは、レチノール、レチナール、レチノイン酸とも呼ばれ、食事で摂取するビタミンAとしては、動物性食品ではレバーや肝油などに含まれ、植物性食品のビタミンAには、緑黄色野菜に多いβカロチンがあり、βカロチンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。

βカロチン(βカロテン)は、体内でピタミンAとなるだけでなく、それ自体が抗酸化作用をもつ成分で、生活習慣病予防にも効果があります。

血液検査キットは家庭で健康チェックができるので便利です。

ビタミンAは1日の所要量の他、許容上限摂取量が規定されています。ただし、通常の食材に由来する成分であり、特に問題となる健康被害や副作用は知られていませんが、脂溶性ビタミンの一種であり体内に蓄積されますので、過剰摂取には注意が必要です。

また、一部の医薬品との相互作用を示唆すデータがあるため、サプリメントとして何らかの医薬品を併用する場合、主治医に相談の上利用する必要があるでしょう。


ビタミンAの所要量

成人18〜29歳の人を例に揚げると、
所要量は男性で2000IU、女性は1800IU。
上限は5000IUとされています。
(妊婦の所要量は+200IU、授乳婦の所要量は+1000IUとされ、上限は5000IUとされています)

レチノールを過剰摂取すると、疲労感、吐き気、下痢、睡眠不足、肌荒れ、抜け毛などの症状をもたらす事があります。

特に妊娠中の胎児に影響するといわれるので、注意が必要です。

結局のところ、医師の指示がない限り、意識して摂取せずに普通の食生活をする事が肝心なのでしょう。


ビタミンAを含む食材

レチノールを多く含む食品には、ウナギ、アナゴ、キンダラなどがあり、βカロチンを多く含む食材には、緑黄野菜がある。


疲れ目とは

目の周辺には無数の毛細血管があり、目に栄養と酸素を供給しています。

目の使い過ぎで毛細血管の血行が悪くなるのが、いわゆる”疲れ目”という状態で、医学的には眼精疲労といわれます。

目がしょぼしょぼする、目が充血する、ものが霞んで見えるなど不快な症状があらわれ、更に我慢していると、肩こりや頭痛、集中力低下、全身疲労に発展する事があるので注意が必要です。
ところで“視力回復”は難しいと思ってはいませんか?
実は、視力0.1を切っている方でさえ、1日5分のある方法で裸眼で生活できるようになった視力回復術があります。








T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://mari.yb51.org/tb.cgi/1

C O M M E N T


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  10


  プレビュー